オリジナル絵画の制作・販売|ラズリイロ ラズリイロでは『青』をテーマに幻想的な空や海などの風景画を、絵画にして販売しております。クリスチャン・リース・ラッセンから影響を受けた京都在住のオーナー、熨斗克哉(ノシカツヤ)による絵画は一見写真のように美しく、どんなシーンにもマッチします。リビングの壁や玄関の棚の上などちょっとした空間に飾ってみてはいかがでしょうか。

【魅力的に見える】風景画の描き方【僕は黄金比を使っています】

こんにちは、熨斗(Noshi)です。

 

フリーでイラストレーターをやっています。

 

ペンネーム:オトソラ(@oto_so_ra)として活動中。

 

普段から青い風景画を描いています。

 

今回は黄金比を使って魅力的に見える風景画の描き方を

 

僕のイラストを使って、解説していきます。

 

【魅力的に見える】風景画の描き方【黄金比を使います】

 

今回の解説で使用するイラストはこちら

 

以前、僕が天空にある荒城をテーマに描いた風景画です。

 

このように実在しない風景(ファンタジー)を描く際、黄金比はかなり使えると思います。

 

魅力的にみせたい」や「存在しない風景なのでどこからどう描けばいいかわからない

 

こういったときにぜひ、黄金比を試してみてください!

 

黄金比を使うメリット

 

・情報量が多い人工物や自然物(山や岩、海など)の整理

・視線誘導が使える

・見惚れる←自分の世界観に引き込められる

 

☑️ 情報量が多い人工物や自然物の整理

 

ブロックごとにモチーフを配置することでイラスト全体の情報が整理できます。

 

☑️ 視線誘導が使える

 

見せたい情報の順序を意図的にコントロールができ、

 

ストレスを感じることのない(ごちゃごちゃしない)イラストに仕上がります。

 

☑️見惚れる

 

自分の世界観に引き込められる

 

黄金比を使った構図と視線誘導

 

この記事の最後に、今回の説明を一枚にまとめたレジュメを

 

作って貼っておきますので、あとで確認してみてください。

 

とりあえず、ザーッと説明していきますね。

 

1. 左上をスタートするように黄金比を配置する

2. 画面を大きく三分割して、収めたいモチーフを3つ決める

3.「光」を利用して黄金比上に配置する。

 

左上をスタートするように黄金比を配置する

 

人間の視線は無意識に対象物を左上からみる習性があります。

 

これを利用することで、流れの良いイラストになります。

 

画面を大きく三分割して、収めたいモチーフを3つ決める

 

描く前に構図で悩んでいる人はまず

 

何を描きたいか大まかなモチーフを3つあげてください。

 

今回、僕の場合ですと「 荒城 」 「 空 」 「 時計 」の3つと決めました。

 

☑️決め方のコツ

 

3つのうち1つは情報量(描き込み)の少ないモチーフにするとリズム感のある絵になります。

 

美しく、魅力的なイラストにしたい場合、モチーフの数が中途半端 では逆効果な場合があります。

 

ある程度モチーフの数を限定した方が「より魅力的」なイラストになります。

 

☑️モチーフの配置場所

 

決まったモチーフをそれぞれ「赤」「緑」「黄」のブロックに配置します。

 

この時、見せたいモチーフを順に「黄(最終地点)」→「緑」→「赤( スタート地点)」のブロックに配置することで、

 

イラスト全体を見てもらいやすくなります。

 

今回の場合だと、「時計」→「空」→「荒城」が僕の見せたかった順番です。

 

一番みせたいモチーフを最終地点に配置することで、まとまりのよいイラストになります。

 

仮に、一番見せたいモチーフをスタート地点に配置してしまうとイラスト全体がうるさくなり、

 

見てもらえなくなるかもしれないです。

 

映画やアニメでもクライマックスは最後で見ますよね!

 

イラストでもクライマックスとなるモチーフは黄(最終地点)に配置しましょう。

 

「光」を利用して黄金比上に配置する

 

星屑や明度、光を使って、視線誘導を狙っていきます。

 

☑️赤

視線誘導のスタート部分なので、流れがわかりやすくなるように描きましょう。

 

今回の場合だと、星屑を黄金比上に描きました。 

 

☑️緑

ここは描き込みも少なく、視線誘導の中間地点でもあるので、

 

そこまで目立たせなくても大丈夫かなと思います。

 

なので、光の当て方も控えめにしています。 

 

☑️黄色

視線誘導の最終地点で、イラストで一番見せたいものがあるので、

 

コントラストを意識して光を当てましょう。

 

時計を暗めに描いて、その上から光を当てることで、魅力的に見えます。

 

 

まとめ

 

以上が魅力的に見える風景画の描き方の解説になります。 

 

以下にこの記事をまとめたレジュメを貼っておきますので、よろしければご覧ください。

 

 

こばなし

 

今回、紹介した黄金比を使った方法は

 

あくまでほんの一例です。

 

黄金比を使って絵を描く方法はたくさんあると思います。

 

今回の記事で、構図に悩んだときの参考になれば嬉しいです^ ^

 

ではでは。。。。

 

関連情報

オリジナル絵画の制作・販売|ラズリイロ

オリジナル絵画の制作・販売|ラズリイロ

ラズリイロでは『青』をテーマに幻想的な空や海などの風景画を、絵画にして販売しております。
クリスチャン・リース・ラッセンから影響を受けた京都在住のオーナー、熨斗克哉(ノシカツヤ)
による絵画は一見写真のように美しく、どんなシーンにもマッチします。
リビングの壁や玄関の棚の上などちょっとした空間に飾ってみてはいかがでしょうか。

屋号 ラズリイロ
住所 〒605-0005
京都府京都市東山区三町目19-1グランドパレス三条花見小路404
営業時間 9時~18時
不定休
代表者名 熨斗 克哉(ノシ カツヤ)
E-mail info@lazuliiro.com

コメントは受け付けていません。